2019年4月20日 更新

ようこそ 日本玩具博物館の公式サイトへ

English 中文 한국어 Deutsche française español

ご利用案内
(入館料・休館日・開館時間・交通案内)

只今の企画展・特別展
今月のおもちゃ  NEW
次期展覧会のご案内
新収蔵品の紹介
 当館は世界文化遺産国宝姫路城から北北東に約10km。緑ゆたかな田園地帯にあり、白壁土蔵の6棟の建物で構成されます。今年開館45周年を迎えました。
 館内の展示ケースの延長は約180m。日本の郷土玩具、駄菓子屋の玩具や近代玩具、ちりめん細工、世界160ヶ国の玩具や人形など、常時5,000点もの玩具と人形が展示されています。
 2・3・4号館では常設展示。1号館と6号館は季節毎に所蔵品による企画展と特別展(下記)が開催されています。また、2号館には国内の伝承玩具、3号館にはヨーロッパの玩具で遊べるコーナーがあります。
 1974年に現館長が設立した私立博物館ですが9万点を超える資料を所蔵し、規模・内容から世界屈指の玩具博物館として知られています。
 ご来館をお待ちしています。
2016年に「ミシュラン・グリーンガイド二つ星」に選定されました★★ 
館長室から
学芸室から  NEW 
館外展
 館内のご案内  主な事業内容    館の歩みとコレクション 
当館の口コミはこちら→

 只今開催中の特別展ご案内
 
日本玩具博物館*初夏の特別展
端午の節句飾り

      ●会期 2019年4月20日(土) → 7月9日(火)
●会場 日本玩具博物館6号館西室(東室は「ふるさとの雛人形展」開催)

詳細はこちらをクリックしてください

日本玩具博物館・玩具や人形を通して平成を振り返る企画展

平成おもちゃ文化史

●会期  2019年3月2日(土) → 11月12日(火)

●会場  日本玩具博物館1号館 

詳細はこちらをクリックしてください

Drスランプアラレちゃん
昭和56年~61年(1981~1986)
おじゃる丸・カズマ
平成12年~
 

初夏の光きらきら
ゴールデンウィーク「おもちゃ作り教室」のご案内


作り方はシンプルだけど、初夏の新緑と爽やかな風の中で楽しく遊べるおもちゃを
GWの6日間日替わりで作ります。ぜひ、御参加ください。

日程とおもちゃ
◎4月28日(土) ストローのお花ラッパとロケット
ストローの先を斜めに切って笛を作ったら、色紙をつけてラッパにしてみよう!

◎4月29日(日) 2枚羽根の風車
鳴くニワトリ

厚紙の軸に正方形の色紙を2枚つけると、よく回る風車のできあがり!

◎5月3日(金・祝) 鳴くニワトリ
コップの底に穴をあけ、紐を一本通します。ぬらした布などで紐をこすると「コケコッコー!!」と鶏が鳴きます!

◎5月4日(土・祝) 2枚羽根の風車
厚紙の軸に正方形の色紙を2枚つけると、よく回る風車のできあがり!
◎5月5日(日・祝) よくあがる折り紙の凧
折り紙に厚紙製の凧骨をはり、糸を一本結び、長い尾をつけて完成!
びっくりするぐらいよくあがるよ!
ひらひら蝶々

◎5月6日(月・祝) ひらひら蝶々
ストローと色画用紙で蝶々を作ります。好きな模様を描いたらひらひら舞う蝶々に!

時間:①13:30~ ②15:00~(各回30分程度)
場所:5号館ランプの家 各回15人程度
参加費:100円

申し込み不要:来館された方ならどなたでも参加いただけます。

詳細につきましては、こちらをクリックしてください!


創作・神戸人形「亥」限定5体販売のご案内

 当館では現在、吉田太郎氏(神戸市在住・人形美術専門)に制作いただいた日本玩具博物館版の神戸人形をミュージアムショップで販売しています。
 この度、吉田太郎氏から同氏が創作された動きが面白いカラクリ仕掛けの「亥(いのしし)」が届きました。現在、当館ミュージアムショップで限定5体を販売しています。
    

 干支神戸人形 「亥」 7560円 (本体7000円)
学芸室便り「目が出る芽が出る!めでたい神戸人形・亥」はこちらをクリックしてください。


ちりめん細工の伝承と普及に取り組む
日本玩具博物館の公式サイト





Mail:info@japan-toy-museum.org

〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174