2015年2月26日 更新

ようこそ 日本玩具博物館の公式サイトへ

English 中文 한국어 Deutsche française
ご利用案内
(入館料・休館日・開館時間・交通案内)
只今の企画展・特別展
今月のおもちゃ
次期展覧会のご案内
新収蔵品の紹介
 当館は世界文化遺産国宝姫路城から北北東へ約10kmにあります。緑ゆたかな田園風景のひろがる中、白壁土蔵づくりの6棟の建物で構成されています。民芸調の落ち着いた雰囲気の館内には、日本の郷土玩具や近代玩具、伝統人形、世界160ヶ国の玩具や人形など、総数9万点を超える資料を収蔵。2・3・4号館では常設展、ほかに1号館と6号館では季節に合わせた企画展・特別展(下記)を開催しています。また、見るだけでなく、おもちゃに触って遊べるコーナーもあり、大人にも子供にも喜ばれています。
 1974年に設立。規模・内容からわが国を代表する玩具博物館として広く知られており、幼い日の想い出につながる懐かしい玩具や人形、また世界各地の子ども文化と出会えるおもしろユニーク博物館です。
館長室から
学芸室から
神戸人形 ちりめん細工
館内のご案内 主な事業内容 館の歩みとコレクション
館外展
当館の口コミはこちら→

入館料一部変更のお知らせ

2015年4月2日(木)より当館の入館料を一部変更します。
一般・入館料500円を600円にさせていただきます。

※なお、「学生・入館料」ならびに「小人・入館料」につきましては、変更はありません。



 只今開催中の特別展ご案内
日本玩具博物館・春の特別展

雛まつり~まちの雛・ふるさとの雛~

●会期  2015年2月7日(土) → 4月14日(火)
    ●会場  日本玩具博物館6号館


詳細はこちらをクリックしてください
 享保雛(江戸後期)    日田のおき上げ
(大分県日田市/金襴・錦・縮緬・紙/
平成12~13年)

  
日本玩具博物館・春の企画展

 世界の鳥の造形

会期  2015年2月28日(土) → 6月2日(火)
会場  日本玩具博物館1号館

詳細はこちらをクリックしてください



日本玩具博物館春の特別展
『雛まつり~まちの雛・ふるさとの雛~』
*関連催しのご案内*
■展示解説会■  

江戸時代から今日に伝わる雛飾りの歴史を踏まえ、展示中の雛人形のみどころを解説します。解説は、当館学芸員の尾崎織女が行います。
●日時……2015年2月15日(日)・3月1日(土)・3月21日(土/祝)
※各回14時~


■ワークショップ『貝合わせ』を作って遊ぼう!■

江戸時代や明治時代の雛飾りには、一対の貝の中に美しい絵が描かれた“合わせ貝”が見られます。お雛様サイズに小さく作られていますが、大きなサイズの“合わせ貝”は、私たち人間が「貝合わせ」をして遊んだものです。一対の蛤(ハマグリ)の貝の身と蓋(ふた)、それぞれの内側に思い想いの絵柄を描いて合わせ貝を作り、ご参加の皆さんで貝合わせをして遊びましょう!
●日時……………… 2015年2月22日(日) 13時30分~
●材料費・参加費……300円
●定員……………… 20組程度(申込制)

好評裡に終了しました!


『世界の鳥の造形展』
●ワークショップのご案内●

キリスト教の国々では、この季節、春の目覚めを祝うイースター(=復活祭)が行われます。イースターに登場するのは華やかに彩色された「イースターエッグ」です。
中身をぬいた卵殻に思い思いの絵を描き、リボンを通して木々の枝に飾り付けましょう。
春を祝う楽しいペインティングをこの機会にぜひ、ご体験下さい。
 
日時………2015年3月22日(日) 13時30分~15時 ※申し込み制(定員20名)
場所………日本玩具博物館6号館講座室
講習料……200円(館内見学には、別途入館料が必要です。)
持ち物……筆記用具・卵を持ち帰る箱や容器など


館外展示のご案内

百段雛まつり~瀬戸内ひな紀行~

現在、目黒雅叙園(東京都目黒区)で1月23日(金)から3月8日(日)まで当館の雛人形やちりめん細工を展示中です。
素晴らしい展示です。みなさま、ぜひご覧ください。

 
会場となる「百段階段」は、 昭和10(1935)年に建てられた雅叙園で現存する唯一の木造建築で、平成21(2009)年3月に東京都の有形文化財に指定されました。全国各地に伝わる古いお雛さまの名品が集う「百段雛まつり」は、東京の早春の風物詩になって早6年になります。2015年のひな紀行は、兵庫・岡山・広島の瀬戸内に伝わる時代雛です。以下のお雛さまが出品されます。ぜひ、ご覧ください。
◇兵庫/姫路・日本玩具博物館 世界文化遺産国宝姫路城から約10km。土蔵造りの建物に日本と世界の玩具と人形9万点を超えるコレクションを有する「日本玩具博物館」からは、さまざまな雛の御殿飾りをはじめ、京と江戸の名品が出揃います。さらに、ちりめん細工の世界も。
◇兵庫/西宮・白鹿記念酒造博物館 「白鹿記念酒造博物館」からは、創業家・辰馬本家に伝わる二寸雛を。一体7cm前後の精緻な作りの15人飾りは京都丸屋・五世大木平蔵の手による最高峰の雛人形です。
◇岡山/倉敷・旧野﨑家住宅
     (野﨑
家塩業歴史館)
倉敷市にある国の重要文化財「旧・野﨑家」からは、岡山藩主・池田候から拝領された日本最大級の享保雛が(前期展示)。さらに京都丸屋の大型内裏雛(後期展示)もお出ましに。
◇広島/鞆の浦・太田家住宅 名勝・鞆の浦に残る国の重要文化財「太田家住宅」からは、井上恵子氏のコレクションが一堂に。風情ある風景を百段階段に再現し、次郎左衛門雛をはじめとする逸品をご覧いただきます。併せて、二木屋コレクションよりミニチュアの世界も特別展示いたします。

会期:2015年1月23日(金)~3月8日(日)会期中無休

会場:目黒雅叙園 東京都指定有形文化財「百段階段

主催:目黒雅叙園     企画協力:二木屋

後援:倉敷市、目黒区、めぐろ観光まちづくり協会




ちりめん細工の伝承と普及に取り組む
日本玩具博物館の公式サイト





Mail:info@japan-toy-museum.org

〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174