6号館・秋冬の特別展

世界クリスマス紀行

会期  2006年10月21日(土)→2007年1月23日(火)

古代ヨーロッパでは、太陽が力を失い、地上の生命力が衰えた冬枯れの季節に、光の復活を願い、新しい年の豊作を祈る祭を行っていました。これは冬至祭や収穫祭として今も各地に伝えられていますが、キリスト降誕を祝うクリスマスは、こうした土着の信仰をとり込むことを通して、大きな行事へと発展していったものともいわれています。クリスマス飾りに登場するキャンドルの灯や光を象徴する造形の美しさ、また麦わらや木の実などの豊かな実りを表現するオーナメント(=装飾)の多様性からも、クリスマスがもつ奥深い意味をうかがう知ることが出来ます。やがて、クリスマス行事はキリスト教の普及とともに世界各地へと拡がると、それぞれの地で、冬の習俗と結びついてユニークな文化を花開かせました。
恒例となった当館のクリスマス展は、クリスマス飾りを通して世界各地のクリスマス風景を描き、この行事の意味を探る試みです。本年は、世界約45ヶ国のクリスマスに登場するオーナメントの数々を「ヨーロッパ〜北欧・中欧・東欧・南欧〜」「アメリカ〜北米・中南米〜」「アフリカ」「アジア」の地域ごとに展示し、各地のクリスマス飾りの特徴を紹介します。
世界各地の民族色豊かなクリスマス飾りが一堂に。遠い国々のクリスマスに思いをはせながら、クリスマス行事の奥行の深さを感じていただければと思います。

  
    6号館西室からの展示風景                           6号館東室の展示風景(ドイツと中欧のクリスマス)


6号館西室の展示風景
    (中南米、中近東・アフリカ、アジア・オセアニアのクリスマス)


     
        6号館東室の展示風景(北欧、東欧のクリスマス)                          南欧のキリスト降誕人形                
                           
            

■展示解説会■

 世界各地のクリスマス飾りの特徴について、展示品を取り出しながらご案内いたします。解説者は、当館学芸員の尾崎織女が行います。

●日時…11月23日(祝)・26日(日)
      12月10日(日)・17日(日)
      12月23日(祝)・24日(日) ※各回14時〜



■絵本朗読会■

 クリスマスに登場する人形やオーナメントを主人公にした物語を本会場で朗読します。絵本の世界に親しみながら、クリスマス飾りの文化的背景を広げていただけることでしょう。朗読者は、昨年に引き続き、倉主真奈さんです。

●日時…12月17日(日)・23日(祝)・24日(日) ※各回11時〜/14時〜



■ワークショップ『麦穂の天使を作ろう』■

 北欧や東欧のクリスマス飾りには麦わらを細工した造形が登場します。それらを参考に、麦わらを使って、素朴で美しい天使を作ります。
※申し込み制

●日時…12月16日(土)13時30分〜15時







参考

世界のクリスマス,オーナメント、サンタクロース、降誕人形、光のピラミッド、キャンドルスタンド、ニコラウス、アドベントカレンダー、麦わら細工、煙だし人形