*12月23日(日/祝) 13:30〜・15:00〜
朗読者倉主真奈さんをお迎えして開催するクリスマス絵本朗読会は今年で17回目。世界のクリスマス文化に触れられるような物語を選び、展示品にからめてご紹介するものです。
今日は、ドイツのクリスマスを象徴する人形として知られる「『くるみ割り人形』、スウェーデンの農家の守り神・トムテの姿を描いた『きつねとトムテ』、メキシコのポサーダに登場するピニャータの物語『クリスマスのつぼ』などを朗読していただきました。倉主真奈さんの優しく澄んだ声が参加者を包み、展示室には特別な空気が流れるようでした。
ご参加くださった皆様、ありがとうございました。

 
ドイツの『くるみ割り人形』を朗読する倉主真奈さん 展示の中から“くるみ割り人形”を紹介する 
『クリスマスのつぼ』とメキシコの馬型ピニャータ 朗読会の風景