★クリスマスオーナメントのワークショップ
「北欧の妖精(小人)」第1日目が終了しました★
○待降節の第二主日にあたる本日は、「北欧の妖精(小人)」のオーナメント作りを3回(11:30〜/13:30〜/15:30〜)開催しました!

○北欧の国々では、遠い昔から、各家の屋根裏部屋の隅に小さな妖精(小人)が住んでいて、その家と家族を守ってくれると信じられてきました。スウェーデンでは「トムテ」、フィンランドでは「トントゥ」、ノルウェーやデンマークでは「ニッセ」、エストニアでは「パカピック」と呼ばれて、今も人々に愛されています。ユール(クリスマス)が近づくと、人々は、小さな妖精たちの恵みに感謝を込めて、ひと皿のミルク粥(かゆ)を捧げます。彼らは家人からのクリスマスプレゼントのお返しに森のりんごやクルミなどを戸口にコトンと落としていくと伝えられます。

○オーナメント作りでは、絵本『きつねとトムテ』の絵本を楽しんでいただいたあと、北欧のユールに思いをはせながら、毛糸とフェルト布、ウッドビーズで妖精(小人)を作り、皆でツリーに飾りました。

○各回、少人数でテラスのテーブルを囲んで、アットホームな時間―――ご参加者がとびきり美味しいシフォンケーキを手作りしてお持ち下さり、皆でお茶をいただきながら、とても暖かなひとときでした。

1回目 2回目 3回目
ニッセと手作りシフォンケーキ 皆でツリーを飾る

****************************

★好評につき、「北欧の妖精(小人)」のワークショップは下記の日時にも開催いたします。お問い合わせください。

   ○12月16日(日) 11:00〜
   ○12月22日(土) 11:00〜
   ※参加費 300円/持ち物は必要ありません。
「北欧の妖精(小人)」第2日目、3日目、4日目も終了しました★

○「北欧の妖精(小人)」のオーナメント作りは12月16日(日)11:00〜、12月22日(土)11:00〜、12月24日(月・祝)11:00〜にも開催し、アットホームな雰囲気のなかで、和やかにトムテの話などをしながら、オーナメント作りを楽しんでいただきました。その様子を画像で紹介します。

12月16日
12月22日
12月24日


★クリスマスオーナメントのワークショップ
「モールの足ながサンタさん」第1日目が終了しました★
◎暖冬と言われながらもしっかりと気温が下がりはじめた12月の土曜日、「モールの足長サンタさん」のオーナメント作りを2回(11:00〜/14:00〜)開催いたしました^^
◎モールでできた細くて長い足が顔からダイレクトににょき、印象的なこのサンタクロースに見覚えがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 40代ぐらいから、上は80代の方々の中には、子どものころのクリスマスを呼び起こす懐かしい飾りのようです。このモールのサンタさんは日本製です。もともとは戦前から戦後にかけて、アメリカ合衆国をはじめ、海外にむけて製造、輸出されていた飾りです。このモールのサンタさんをはじめ、日本のクリスマス産業は神戸を中心に兵庫県で発展し、工場生産だけでなく、内職にも支えられてきた歴史があります。モールのサンタさんは、国内でも販売されるようになると、畳の上に飾られた昭和時代のクリスマス飾りの定番のひとつとなります。

◎海外では「Chenille santa-シェニールサンタ」(モールのことをシェニールと言うそうですが、シェニールはフランス語で毛虫^^)と呼ばれ親しまれてきたそうで、現在でもヴィンテージクリスマス飾りとして、1920年代〜30年代の日本製のこのサンタが販売されています。とくに最近では、このサンタをヒントに現代的にアレンジされたハンドメイドの作品や商品が海外で数多く作られていて、クリスマスだけでなく、ハロウィンの飾りとしても楽しまれているようです。 
 
◎ワークショップでは、海外の現代アレンジも参考に、ひょうたんモールを組み合わせた身体に、ラミネート加工したリアルなサンタさんや動物たちの顔をくっつけて思いのままにモールのオーナメントを作ってもらいました。幼稚園から小学生の子どもさんたちも参加してくださり、いろんなサンタや天使ができあがりました!見本の飾りを見ながら、工夫する大人と、思いついたひらめきをどんどん付け足していく子どもたち、どちらもそれぞれに満足のいく仕上がりになるまで楽しんでくださっていたように思います^^
 
★クリスマスオーナメント「モールの足ながサンタさん」
追加ワークショップ開催しました★

◎追加のワークショップ(@12/16(日)13:00~A12/23(土)11:00〜B12/24(月)13:30〜)も多くの方々にご参加いただき、どの回も愉快な時間となりました。ひょうたんモールでできたしなやかな身体にポーズをつけると、みなさん迷いながらも最後はその身体にぴったりのリアルな顔を選ばれます。とくに子どもたちが、目の前にある素材からぱっと閃き、作りこむほどに、にやりとした満足気な笑顔になる様子から自由に作る面白さをこちらも思い出しました(○^^○)当日の様子と楽しい作品をご紹介します。

聖ニコラウスと天使と悪魔  作ったみなさんの作品をミニツリーに 仲良しお幼馴染はレインボーのソリにのるサンタと
赤花のトナカイのルドルフ
モールでできたチェコの聖ミクラ―シュと長すぎるしっぽを持つクランプス THE サンタクロース!
大人女子チーム 首長サンタは「ヘイっ!」と来るよ わたしのサンタは白いの〜


****************************

◎好評につき、こちらも追加でワークショップ開催いたします!ご参加くださいませ。
@12月16日(日) 13:00〜
A12月23日(土) 11:00〜
講習費:300円/持ち物:ボンド・はさみ・ボタンやビーズなどの飾り