館長室2017  館長室2016  館長室2015
館長室2014 館長室2013 館長室2012 館長室2011 館長室2010
館長室2009 館長室2008 館長室2007 館長室2006 館長室2005


NO130
文化の日を迎えてー失われ行く文化財を集めて55年

                               (2018年11月3日  館長 井上 重義)
11月3日。今日は文化の日です。当地は雲ひとつない晴天です。
 朝日新聞記者の斉藤良輔氏の著書「日本の郷土玩具」と出合い、郷土玩具が文化財として評価されずに失われる状況を知り、収集を始めてから55年になります。山陽電鉄の車掌勤務の傍ら全国を歩き、まもなく灘高校国語教師の橋本武先生とも出会いご指導を受けました。私の信条「人の真似をしないでわが道を行く」は先生からのお言葉です。
 当時、凧の収集家は少なく、青森から九州まで全国を歩きました。大分県の豊後高田の凧屋で「イギリスの大英博物館から注文があったが国内の博物館からはない」と聞き、評価を高めるためにいつの日か展示館をとの夢を持ちました。それが実現したのが1974年です。現在地に46㎡の展示施設を造り「井上郷土玩具館」としてオープンしました。山陽電鉄の仕事は本社勤務になり、PR誌「山陽ニュース」の編集を担当していました。職場の理解もあり、二足の草鞋で頑張れました。

その後も収集を続け、資料の増加とともに増築。何人もの収集家の遺品が届き、規模内容ともに日本を代表する玩具博物館になったため、日本博物館協会とも相談して1984年に「日本玩具博物館」と改称。私は博物館活動に専念するため、45歳で会社を退職しました。そして、子どもや女性にかかわる文化遺産を守ることを信条に頑張ってきました。  
 1990年には尾崎学芸員を迎え入れ、1998年には個人立では珍しく全国でも数例の博物館相当施設に認定され現在に至ります。当館には海外からの専門家も再三来館され、高い評価をいただきます。私自身、「良くぞここまで来れた」と感慨深いものがあります。励ましご支援くださった大勢の皆さまに、心から感謝を申し上げる次第です。

現在、1号館では企画展「世界の伝承玩具」を来年2月19日まで開催中です。当館が所蔵する世界各地のこま・凧・けん玉・ブン
ずぐりごま 追いかけごま
ブンゴマなどが一堂に展示されています。中でも、こまは会場の半分近くで約250点を展示し、世界各地のこまが一覧できます。当館は日本各地のこまも多数所蔵しており、世界のものと比較すると日本は、こまの世界的な宝庫であり、類のない優れたこまが多数あります。
 青森県の雪の上で回すズグリこま、宮城県の棒の上でまわす皿こま、大きなこまの周囲を円盤が回る追いかけこま、東京には江戸時代から遊ばれた特色あるこまが多数あり、こまの中から円盤のこまが5個も飛び出す飛び出しこま、三段重ねで回る三段こま、などがあります。
姫路の投げごま スペインの投げごま
 こまの胴に紐を巻いて投げて回すこまは世界中にありますが、細い鉄心がこまの上部まで突き抜け、回転時間を競うと日本ほど回るこまは例がないと思います。こまの胴に穴が開き、回転させると音がする鳴りゴマも世界中にありますが、日本のものは美しく彩られ、よく回ります。
 当館は2号館で日本のこまのいくつかを自由に遊べるようにしています。飛び出しごま、追いかけこま、皿こま、鳴りこま、当てごまなどで人気があります。売店でもそれらのいくつかを現地から取り寄せ販売していました。しかし、追いか
伊勢の鳴りごま
けこまや鳴りこまは作り手がなくなり、入手できなくなりました。中でも鳴りこまは今年、伊勢の鳴りこまと山形で作られてきた鳴りごまが作者の高齢化などで製作中止になりました。日本が世界に誇れるこまであり、本当に残念です。なんとか継承することはできないものでしょうか。

先日、姫路市シルバー人材センターから、思いがけない講演の依頼がありました。今月18日(日)に開催される第7回シルバー祭りの講演で、例年200~300人もの方が参加されます。「ミシュラン・グリーンガイド二つ星の日本玩具博物館」と題して、10時45分から1時間余り当館の現状や課題などを話します。地元でのこのような機会は初めてであり、大勢の皆さまに当館の現状などをお聞きいただければと願っています。会場は姫路市勤労市民センター(姫路市中地354)4階大会議室です。誰でも参加でき、無料です。ぜひご来場下さい。




NO129
夏休みおもちゃ作り教室が盛況です

                               (2018年8月5日  館長 井上 重義)
今年は思いがけない猛暑の日が続きます。外出を控えるようにとの声もあり、入館者が大幅に減少するのではと心配していま
おもちゃ作り教室
した。しかし当館は特別展「ちりめん細工の今昔」が好評のためか、昨年と変わらぬ来館者数があり、来館された皆さまから、予想以上の内容で楽しい、勉強になりました。来て良かったです。と嬉しいお言葉を再三賜っています。
それに交通も便利といえない当館に、先日はデンマークから来館くださり、本日も香港から家族連れでご来館になり、喜んで帰られました。見るだけでなく、世界各地の珍しい玩具で遊べるのも当館の魅力であるといえそうです。
さて例年、当館では夏休みおもしろおもちゃ教室を開催しています。今年も7月28日(土)に「はがき大の紙で作るかざぐるま」、28日(日)に「江戸時代から作られているかくれ屏風」、それに本日8月5日(日)は、1号館の企画展「世界の乗り物玩具」に因み、私が「牛乳パックで作る船のおもちゃ」を教えました。定員を超える申し込みがあり、会場の関係でお断りした方もあり、申し訳なく思っています。
この牛乳パックで作る船の玩具は私が考案したものです。今から27年も前の1991年、草土文化から出版された私の著書「伝承手づくりおもちゃ」に掲載された作品です。同書には、現代の子どもたちの身近にある牛乳パック、割り箸、竹串、ストロー、紙コップ、輪ゴムなどを材料にして、遠い昔から子どもたちが遊んできた伝承玩具の作り方が解りやすく図解されています。ストローで作るロケットや笛、手が上下に動くストロー人形、はがき大の紙で作る風車、江戸のおもちゃのご来迎と木挽き人形と鯉の滝登りなど、43点もの玩具の作り方が解説され、保育園や小学校の図工の先生から、手作りおもちゃの本は多数出版されているが、この本はバイブル的な本ですと嬉しいお言葉を再三いただき、本は増刷が続いて15刷になり、私自身も誇りに思っていました。
このような本が出版できたのは私自身が日本や世界の伝承玩具に精通し、鍛冶屋の家庭に生まれ、子どもの頃におもちゃを作って遊んだ経験が生かされたからでした。ところが今春、草土文化と連絡が取れなくなり、倒産が判明。「伝承手づくりおもちゃ」は絶版になりました。本当に残念でなりません。
今年の夏休みおもちゃ教室は、この11日(土)にも同書に掲載された「牛乳パックの風車小屋」が開催されますが満席です。25日11時から開催される江戸時代のおもちゃ「かくれ屏風」は先着順で定員30名です。ご参加をお待ちしています。



NO128
特別展「ちりめん細工の今昔展」に寄せて。

                               (2018年4月26日  館長 井上 重義)
6号館への小道は緑のトンネルに
まもなくゴールデンウイークです。当館はみずみずしい新緑に囲まれ、6号館への小道は緑のトンネルになりました。
6号館で開催されていた特別展雛まつりは15日で終わり、17日からその撤収作業に続いて、次回特別展の「ちりめん細工の今昔」の展示作業を行いました。いずれもが膨大な数量の展示であり、撤収作業も展示作業も大変で、連日夜遅くまで作業が続きました。「ちりめん細工の今昔」も、千点を超える膨大な数量の展示であり、本当に大変な作業でしたが無事に終了しました。正式には28日からのオープンですが、本日からご覧いただいています。早速に何人ものご婦人方がご来館くださり、中にはフランスから来館くださったご婦人もあり、すばらしい展示だと嬉しいお言葉をいただきました。


去る1月25日付の館長室NO125でも詳しく報告していますが、この「ちりめん細工の今昔」展は、今春1月23日~今月8日ま
6号館の西室には古作品がずらりと並ぶ 東室には新作品が季節ごとに並ぶ
で、東京のスカイツリー近くにあるたばこと塩の博物館で開催された特別展「ちりめん細工の今昔」の里帰り展ともいえる展示です。同館から依頼を受けて資料を貸し出しましたが、先日、同館から入館者数について報告がありました。オープン後、入館者数は右肩上がりで増え続け、3月はひと月で1万人を超え、多い日は1日600人もあり、期間中に約2万人もの入館者があって、同館として入館者数の記録を更新したと嬉しい連絡がありました。

当館での「ちりめん細工の今昔」展は、たばこと塩の博物館での展示品だけでなく、今春、日本ヴォーグ社から出版された「季節
東室の中央には大きなつるし飾りが8組も並ぶ 
のつるし飾りとちりめん細工」や昨年、朝日新聞出版から出版された「ちりめん細工の小さな袋と小箱」に掲載された作品が展示されています。6号館の西の部屋には江戸時代から昭和初期ごろまでの古作品が展示され、東の部屋には新作品の数々が季節を追って展示されていますが、中央には大きなつるし飾りが8組飾られて見応え十分です。さらに3号館のちりめん細工の常設展示コーナーの作品も展示を更新し、袋物や小箱、おもちゃと人形などがずらり並びました。いずれの会場もぎっしりといえるほど、作品が並んでいますが、尾崎学芸員に新任の原田学芸員が協力して、パネルなどはデザインに工夫が凝らされ、見やすい心温まる展示になっています.パネルやキャプションは業者に外注するのではなく、学芸員が一点、一点心をこめて手作りしています。ちりめん細工展はこれまで、当館ではほぼ隔年ごとに開催してきましたが回を重ねるごとにすばらしい展示になっています。

当館は個人立の博物館ですから小さな博物館と思われがちです。しかし展示ケースの延長は約180メートルもあり、ゆっくり見ると数時間はかかります。ちりめん細工の今昔展だけでも1時間はかかると思います。よろしければお弁当ご持参でご来館ください。昔ながらの縁側のある5号館は来館者の休憩所として開放していますのでどうぞご利用ください。お待ちしています。

3号館の新展示・袋物と小箱 人形と玩具が並ぶ



NO127
春の花に囲まれ、春爛漫の季節です。

                               (2018年4月7日  館長 井上 重義)
当館の庭とその周辺には、桃の花・利休梅・遅咲きの桜と椿の花などが一斉に花開き、春爛漫の季節を迎えました。この季節、例年申し上げているのですが4号館の窓から見る景色が最高なのです。東の窓には真っ白な利休梅の花が広がる光景が、北の窓からは優雅な遅咲き桜の普賢象が。西の窓からは真っ赤な八重の桃の花が、そして南の窓からは美しく豪華な桜・関山が眼の前に広がります。15日頃まで楽しめるのではないでしょうか。4号館の2階は世界の玩具と人形の展示ですが、珍しい世界各国の玩具と人形だけでなく、皆さんは窓の外に広がる、春の花々との思いがけない出合いに感動されるのです。
6号館で15日まで開催中の「雛まつり~江戸から昭和、雛の名品」も、江戸期や明治期の立派な雛人形の数々と出合うことができ、皆さまからこんな素晴らしいひな人形展をみるのは初めてです。とうれしいお言葉を再三いただいています。
4号館から6号館の小道も椿の花盛りです。珍しい孔雀椿や美しい月光椿が満開です。
4号館2階の東の窓から見える利休梅 4号館2階の西の窓から見える桃の花
東京のたばこと塩の博物館での「ちりめん細工の今昔」展も明日8日が最終日です。このところ連日、400~600人もの方が来館されているとお聞きしていますが、見学された何人もの方から、素晴らしい展示で感動しましたとの嬉しいお便りを再三賜っています。私は撤収作業もあり、8日の正午過ぎにたばこと塩の博物館を訪れますが、最終日に皆さまのお声がお聞きできることを楽しみにしています。展示物の多くは再度、4月28日~10月8日まで当館6号館で開催される「ちりめん細工研究会30周年記念『ちりめん細工の今昔』展」に展示されますが、今春出版された「季節のつるし飾りとちりめん細工』に掲載された作品の数々が初公開されます。



NO126
春の花々が咲き始め
特別展「雛まつり~江戸から昭和、雛の名品」が大好評。

                               (2018年3月6日  館長 井上 重義)
3月に入るのを待ちかねたかのように、当館の庭の春の花々が咲き始めました。とりわけ4号館から6号館への小道は花の道です。地面には真っ白なユキワリイチゲの花が咲き、椿、ロウバイ、マンサクなど、色とりどりの木々の花が咲きました。なかでも椿はこの小道だけで約30
ユキワリイチゲの花
6号館への小道
本も植わり、椿の小道と呼んでもおかしくありません。来館者から「展示品も、雰囲気もすばらしい。個人が設立された博物館だと聞いていたので、ささやかな博物館と思っていました。規模と内容に驚きました。来てよかったです」と、嬉しいお言葉を再三賜ります。6号館前の休憩所の感想ノートにも「こんなにすばらしい雛人形展は初めて。感動しました」との言葉が多数記されています。
3月3日が過ぎると、雛祭りが終わったと思われがちですが、旧暦の雛まつりは今年は4月18日です。3月3日だと桃の花も咲かず、季節感のずれもあり、当、播州地方でも雛祭りは1か月遅れの4月3日です。全国的にも雛祭りは4月3日に行われるところが多いと思います。当館の雛祭り展も4月15日まで開催中です。

ここ数年、町おこしの一環として、至るところで「雛人形展」が開催されるようになりました。しかしその多くが雛人形をピラミッドのように盛り上げて飾ったり、展示数を競うことが多くなったと思います。当館では博物館としての基本活動を守り、雛人形の歴史と変遷、それに江戸(東京)と京阪製の雛人形の形態や飾り方の違いなどについて、早くから展示を通して解説してきました。現在、当館の様な展示がなされている館は意外と少ないのではないでしょうか。

当館は現在、大小、500組を超える雛人形を所蔵していますが、開館当初、所蔵する雛人形は全国各地で庶民が飾った郷土玩具の土製の
見栄っ張り雛
雛人形が中心でした。裕福な階層の家庭で飾られた雛人形の収蔵が始まったのは1995年の阪神淡路大震災以降です。雛人形が文化財として認知されず、救出されずに失われている状況を知り、救出活動に取り組みました。それが評価され、その後、続々と貴重な雛人形が届きました。といっても総てを受け取ることはできず、年代的には昭和初期までのものです。既に所蔵しているものは収蔵場所の関係もありお断りしていますが、この1年間でも貴重な資料の申し出があり、受け取ったものを展示しています。岡山からの大きな「見栄っ張り雛」、神戸からの「姫路押し絵の段飾り雛」、それにカナダからの「奈良の一刀彫の段飾り雛」です。どれもが貴重な資料です。

当館の雛人形関係で特筆すべきものは、京都と大阪の著名な雛人形店である大木平蔵店と谷本要助店で明治時代から昭和初期にかけ
京都・大木平蔵の御殿飾り雛(左:明治後期・板葺御殿飾り、右:大正11年・桧皮葺御殿飾り)
て売られた豪華な御殿飾り雛です。寄贈を受けて多数保存しており、今回も東室で7組を展示しています。
江戸期の貴重な雛人形も多数展示していますが、これらは寄贈ではなく購入資料です。時期に恵まれ、鑑識眼もあり、貴重な資料の収集に成功したのです。大型の享保雛、江戸の古今雛作者として有名な桃柳軒玉山の雛、また明治に入って東京から京都に玉眼の手法を教えに来た玉翁の雛人形など。今回の展示でもそれらがずらりと並び、珍しく貴重な数々の雛たちとの出会いに皆さま感動されるのです。





NO125
たばこと塩の博物館で
「ちりめん細工の今昔展」が始まりました

                               (2018年1月25日  館長 井上 重義)
東京のスカイツリー近くにあるたばこと塩の博物館で、当館所蔵資料に基づく「ちりめん細工の今昔」展が23日から開催されています。そ
たばこと塩の博物館外観
の準備のため、去る19日から私と学芸担当の尾崎・井上・原田の4名が上京し、たばこと塩の博物館の学芸担当者と協力して展示作業にかかり、無事オープンしました。ところが22日の午後から、東京地方では雪が降り始め、23日朝には積雪が20cmを超える大雪になり、交通機関が不通になるなど大変な天候で、来館くださる方があるかどうか心配でした。しかし10時になるとオープンを待ちかねたかのように来館くださる方もあり、午後2時からの私の講演会「ちりめん細工(裁縫お細工物)の復興に取り組んで」(資料添付)にも50名を超える聴講者がありました。
展示作品が並ぶ会場

たばこと塩の博物館でのちりめん細工展は11年ぶりの開催です。同館は2年前に現在地に新築移転され、最新の設備を持ったすばらしい展示場です。そのような会場でちりめん細工展を開催できたことを心から喜んでいます。展示は江戸時代から昭和初期までの古作品約300点と当館が復興に取り組んできてからの新作500点です。作品によっては一種類で多数展示されているものもあり、実際の展示総数は1,000点を優に超え、すばらしい作品が
古作の数々
ぎっしりと並びました。

古作のコーナーでは当館が約40年まえから蒐集に取り組んできた作品の数々が展示され、押絵やきりばめ細工やつまみ細工などの技法で作られた大小の袋物や箱もの。さまざまな花の袋や小箱、それに迷子札などが展示され、今では作る人もいない高度な制作技法で作られた数々の作品に、驚かれ、感動されると思います。展示品は購入だけでなく、大勢の皆様から寄贈いただいたものも多く、時期に恵まれて素晴らしい作品群の収集に成功しました。

新作コーナーには当館のちりめん細工研究会に集われた皆様が約30年前から作られてきた、古作の復元や創作された作品の数々がずらり並びました。これまで私の監修で16冊に上るちりめん細工の書籍が出版されましたが、掲載されたちりめん細工の作品は当館で保存しており、新作コーナーではそれらが一堂に展示されています。1,000点を超える、これほどの内容の展示は
新作がずらりと並ぶ新春のコーナー
過去にはなかったと思います。日本女性が歳月をかけて育ててきたちりめん細工のすばらしさを、ぜひ一人でも多くの方にご覧いただけることを心から願っています。

本日は、私の79歳の誕生日です。これまでを振り返ると人生の不思議を感じます。高校生時代は鳩少年で伝書鳩の飼育に熱中。山陽電鉄入社後は労働組合の青年部活動に熱をあげ、帰宅途中に社会運動の書籍を置く書店に立ち寄っていました。そこで24歳のときに手にしたのが朝日新聞記者の斉藤良輔氏が書かれた「日本の郷土玩具」(未来社)です。その本が私の人生を大きく変え、さらに収集を始めてまもなく灘高校国語教師の橋本武先生と出会い、一緒に蒐集旅行に出かけ、アドバイスを受けました。その先生の言葉「人の真似をしないこと」が私の人生観になり、当館でないと見ることができないコレクション群の形成に繋がりました。ちりめん細工の収集は1970年に神戸の古書市で明治42年刊の「裁縫おさいくもの」を入手したことがきっかけで進展し、所蔵するちりめん細工コレクションは3000点を超えます。本と人との出会いが私の人生の大きな指針になり糧になりました。





最新の館長室

     館長室2017  館長室2016  館長室2015
館長室2014 館長室2013 館長室2012 館長室2011 館長室2010
館長室2009 館長室2008 館長室2007 館長室2006 館長室2005



   





Mail:info@japan-toy-museum.org


〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174