6号館・秋冬の特別展
 
 世界のクリスマス物語

2005年10月22日(土)〜2006年1月24日(火)

 古代ヨーロッパでは、太陽が力を失い、地上の生命力が衰えた冬枯れの季節に、温かい光の復活を願い、新しい年の豊作をボヘミアグラスのツリー飾り(チェコ)祈る祭を行っていました。キリスト降誕の祝日は、太陽の復活を祝い、豊作を願うという土着の信仰をとり込むことを通して、大きな行事へ発展していったと言われています。クリスマス飾りに登場する光を象徴する造形の美しさ、また麦わらや木の実などの豊作を表現するオーナメント(=装飾)の多様性からも、クリスマスがもつ意味をうかがい知ることができます。
 やがて、クリスマスはキリスト教の普及とともに世界各地へと拡がり、それぞれの地の信仰や習俗と結びついて定着すると、アメリカでもアジアでもアフリカでもユニークな造形が花開きました。
 恒例となった当館のクリスマス展、本年は、世界約45ヶ国のクリスマス資料をヨーロッパ、アメリカ、中近東・アフリカ、アジア・オセアニアの4地域にわけて展示し、あわせてクリスマスをめぐる各地の物語を紹介しながら、地域ごとにクリスマス飾りの特徴を探ります。また、本年度が「日本におけるドイツ年」にあたることから、ドイツのクリスマスを紹介するコーナーも設けました。
 世界各地の民族色豊かなクリスマス飾りが一堂に---遠い国々の冬に思いをはせながら、クリスマス行事の奥行の深さを感じていただければと思います。






     
レタプロ・キリスト降誕の風景(ペルー)           アフリカのクリスマス飾り

     
麦わら細工のツリー飾り(ドイツ)

  
クルミとプラムのクリスマス人形”ツッヴェッチゲメンライン”(ドイツ)            煙出し人形(ドイツ)               

  
北ヨーロッパのクリスマス飾り

 展示解説会と絵本の朗読会のお知らせ 









Mail:info@japan-toy-museum.org


〒679-2143
兵庫県神崎郡香寺町中仁野671−3

TEL: 0792-32-4388
FAX: 0792-32-7174