2017年11月 

カショエラ土人形・三人の博士
(ブラジル・バイヤ州/1995年)
 

 1995年、日伯修交百周年記念事業の一環として、ブラジルの企業メセナともいえる団体「SESC」からの依頼を受け、大掛かりな日本の伝統玩具展を彼の地で開催したときのこと、展覧会準備や撤収作業に渡伯したチャンスにブラジル各地の民芸玩具の収集を行いました。
 世界の国々からの移民によって成り立つブラジルという国は知られざる民芸の宝庫で、特に旧首都のバイヤ州サルバドール周辺には多くの民芸産地が残されています。カショエラ村の土人形もそのひとつで、土をこね、手ひねりで形をつくった後は乾燥させて彩色するという、とても素朴で魅力的な造形です。焼成しないこともあって、重く、またもろいため、地球の反対側にあるブラジルから持ち帰るのには非常に骨が折れましたが、動物や人形など、楽しい作品を収集することが出来ました。
 その中のひとつが「三人の博士」です。三人の博士は、新約聖書『マタイによる福音書』に記されたエピソードに登場する人物。カスパール、メルキオール、バルタザールの名で知られます。占星術の学者である彼らは、救世主(新王)の誕生を告げる星の位置を手掛かりに、ベツレヘムのイエスを訪れ、乳香、黄金、没薬の三つの贈り物を捧げます。その日が1月6日。キリスト教世界では「公現節(エピファニー)」と呼ばれます。
 カショエラ村の三人の博士は、高さ約20㎝。ラクダや馬にのってベツレヘムを目指す姿で表現されています。バイヤ州では、公現節の日、三人の博士からプレゼントをもらう習慣もあり、カスパール、メルキオール、バルタザールは子どもたちから敬愛を受けています。
 11月3日から6号館で開催する『世界のクリスマス展』でご紹介しています。
 
2017年10月 
四日市の大入道の玩具
紙と竹ひごで作られた 
昭和初期の大入道
張り子製の大入道の 山車 
 

 伊勢湾に面した宿場町である三重県四日市の諏訪神社の秋祭りには、山車に載った大きな大入道が出て賑わいます。その大入道は首が伸び縮みし、伸びると高さは8mにもなります。それだけでなく、舌を出し入れし、目も黒目や白目に変わります。
 江戸時代後期に人を驚かす古狸を鎮めるため、名古屋の人形師が制作したと伝わっていますが、この大入道を玩具化したものが昔から作られてきました。紙と2本の竹ひごで作られ、竹ひごを上下に動かすと首が伸び縮みするだけでなく、舌を出したり入れたりし、目が黒目や白目に変わります。他にも十数年前までは仏具屋が大入道の山車を張子で作っていました。
 当館はその張子製の大入道と、紙と竹ひごで作られた昭和初期製の貴重な大入道の玩具を所蔵し、現在開催中の企画展「日本の祭りのおもちゃ」で展示中です。大入道が出る諏訪神社の秋祭りは10月1日で終わりましたが、ぜひ当館で大入道の出る祭りの雰囲気をお楽しみ下さい。
 
 2017年9月
布団太鼓の玩具

昭和初期の大阪・堺の布団太鼓 昭和30年頃の香川県観音寺のちょうさ 平成初期の観音寺のちょうさ
 

 大阪府の河内・泉州地方や、兵庫県の播磨・淡路地方、それに香川県や愛媛県の瀬戸内海沿岸地方の秋祭り(淡路は春祭り)には大型の布団太鼓が担ぎだされます。大きな大鼓とそれを叩く乗り子を乗せ、屋根には布団3枚~5枚が逆三角形に積み重ねられ、数十人で担いで町内を練り歩き、祭りを盛り上げます。地域によって、布団だんじり、太鼓台、ちょうさなどと呼ばれています。
 歴史は古く、江戸時代末期に大阪で誕生。それが西へ、瀬戸内海を通して遠くは長崎にまで広がりました。今も秋祭りになると各地で担ぎ出され、祭りを盛り上げています。その祭りの当日、かつては神社周辺の露店では子供たちが祭りの真似事をして遊ぶための布団太鼓の玩具が売られました。
 当館はその布団太鼓の玩具を多数所蔵しており、現在、1号館で開催中の企画展「日本の祭りのおもちゃ展」では、大阪、兵庫、徳島、香川、愛媛、長崎で売られた17点もの布団太鼓が展示されています。実際に祭りに担ぎ出される布団太鼓は近年、豪華で華美になっている地域が数多くあり、玩具にもその変遷が反映されています。
 
 2017年8月

カエルとセミ
(インドネシア/1990年代・中国/1980年代)

ダン・ビアード著『アメリカ少年のための手
引き』に描かれたローカスト・シンガー →
 
 「カエル」や「セミ」は、棒を手にセミやカエルを振り回すと、ゲロゲロゲロ…♪、ジィージィージィー…♪とそれぞれに本物そっくりの音が響く発音玩具(鳴り物)です。棒先に塗られた松脂(まつやに)に紐がこすれて発する小さな音が「糸電話」のごとく紐を伝わり、セミやカエル型に作られた共鳴器によって拡声される仕組みです。
 欧米においては19世紀の発明玩具とされ、ダン・ビアード著『アメリカ少年のための手引き』には、ローカスト・シンガー(Locust singer/セミ鳴き)の名でこの玩具の作り方が紹介されています。缶の底に開けた穴に馬の毛を1本通し、振りまわして音を立てるもので、1800年代末には、アメリカ合衆国の子どもたちにこれが知られていたことがわかります。
 ブラジルでは、ウィーンウィーン…♪と鳴る音を「機械」になぞらえるといい、同じ仕組みの鳴り物の聞きなし方や呼び名には、民族性や地域性が表れるようです。
 現在、6号館で開催中の夏・秋の特別展『世界の民族楽器と音の出るおもちゃ』の“振りまわす玩具”のコーナーでは、世界各地の同属玩具をご紹介しています。
 
  2017年7月  

夏の灯籠玩具-鯛提灯と軍艦-
(島根県出雲市・鳥取県鳥取市/昭和40年代)

 
 かつて日本海沿岸の町々には、七夕から盆にかけての季節に子どもたちが曳き遊ぶ灯籠の玩具がありました。新潟県新発田市の「金魚台輪」や三条市の「鯛車」は有名ですが、島根県出雲市や鳥取県鳥取市にもユニークな灯籠玩具が伝承されています。
 出雲の「鯛提灯」は細い木で組んだ台に竹の骨組をほどこし、ロウソクを立てる釘を置いた後、八雲紙を張って鯛を形作ったものです。はじめに温めたロウ液で線描きし、それから赤や青、黄色の絵の具で彩色することで、ロウを引いたところが白く残されるので、鮮やかでやわらかい色調の鯛が仕上がります。
 この中にロウソクの火を点すとほんのりと温かな明かりに鯛の模様が浮かびあがって非常にきれいです。車をつけて転がすとゆらゆらとヒレが動いて不思議な生命感さえ漂うのです。「鯛提灯」は屋形船型の「じょうき」とともに今も大社町の高橋日出美さんが先代からの形と技を継承されています。
 鳥取の「軍艦」は、近代国家の基礎をつくるべく建艦に懸命になっていた明治時代のデザインで、子どもたちの軍艦への関心を表すように奇抜な造形ですが、夏の夜に灯籠を曳き遊ぶ風習自体は明治以前からみられたようです。
 七夕から盆は亡き人たちの霊がこの世にもどる季節。子どもたちは、夜の集いの楽しさとともに、優しい明かりの中に目に見えない存在への敬意や畏れといった感情を体験したことでしょう。
 各地の灯籠玩具は、現在1号館で開催している「日本の祭りのおもちゃ」の「夏祭りのおもちゃ」のコーナーでご紹介しています。このコーナーの展示会期は9月19日(火)までです。

 
 2017年6月  


 葦のチター
(ハンガリー・ケチキメート/1970年代)

葦のチター(ハンガリー) ズルダイ(フィリピン) モロ(ナイジェリア)
 
6月11日から開催する6号館の「世界の民族楽器と音の出るおもちゃ展」の「弾く(はじく)玩具」のコーナーには、ハンガリー・ケチキメートで作られた長さ17cmほどの小さな「葦のチター」を展示します。葦の表面を薄く切り出し、2本の弦が出来たら、その弦の垂直方向に琴柱を立てるように、葦片を差し込んだ素朴なつくりで、弦を親指で弾くと、ビン、ビン♪と、かすれた小さな音が響きます。これは、自然の中で子どもたちが手作りする草花遊びにも位置付けられ、ケチキメート玩具博物館の伝承会で再現されたものです。当館の古い友人を通じて1990年代に入手しました。
 一方、「弾く楽器」のコーナーには、フィリピンに伝わる竹のチター「ズルダイ」(長さ約40cm)やナイジェリアの葦のチター「モロ」(長さ約35cm)を展示しています。ズルダイは、竹の表皮から幾本もの弦を切り出して、それぞれの弦に琴柱を立てた民族楽器、モロは、切り出し弦をつけた葦を筏状に組み合わせ、下に共鳴箱となる瓢箪を置いて演奏する民族楽器です。爪弾くと、ポロン、ポロン♪と、雑音性のあるやさしい音色が響きます。ズルダイやモロが洗練を重ねて、西洋のチターや中近東のダルシマー、あるいは、東洋の琴へと洗練され発展を遂げていくわけですから、これらは、今、演奏家が使う弦楽器の先祖にあたるものといえるでしょうか。
 ケチキメートの自然遊びの中で伝承される「葦のチター」は、発音の仕組自体が明確。その素朴さは民族楽器にも共通しています。大昔に人々が発見した音を出す仕組は、伝承玩具の中に保存され、また民族儀礼などに登場する楽器の中にも保存されていると考えられます。
 
2017年5月  

大阪製の甲冑飾り

↑太鼓胴櫃の蓋の裏に
貼られたシール

八幡や製(江戸末期~明治初期)
↑太鼓胴櫃の蓋の裏に
貼られたシール


←ひなや友七製(明治中期)
 現在、6号館で開催中の特別展「端午の節句~江戸から昭和の甲冑飾り~」では、かつて大阪の御堂筋や心斎橋周辺にあった人形屋で売られた甲冑飾りを7組展示しています。
 人形屋の名称が判明したのは、具足櫃の蓋の裏側に屋号や住所が明記されたシールが貼られていたからです。いずれもが江戸末期から昭和初期まであった人形屋と推測され、八幡や吉兵衛(大坂御堂筋本町南入)、ひなや友七(心斎橋通ばくろ町)、谷本要助(東区瓦町南)、吉仙商店(北御堂前)、?木新助(心斎橋塩町北入)などで、制作者がわかる貴重な甲冑飾りといえるでしょう。関西の雛人形や端午の人形といえば京都で制作されたものが知られているのですが、江戸末期から昭和初期にかけて、大阪の御堂筋や心斎橋周辺には、京都にも劣らないほどの人形屋が軒を連ねていたと推測されます。
 初公開の資料も多く、「端午の節句展」を是非ご覧下さい。
2017年4月 
 
和製ビスクドール(日本/昭和初期)



 頭部は磁器製で、胴体は桐塑(桐の木粉と生麸糊を混ぜ合わせて作られる粘土)の胡粉仕上げとなっており、まるで市松人形とビスクドールの中間のような作りの人形です。西洋のビスクドールの影響を受け、第一次世界大戦(1914~18)後にこのような人形が日本でも作られ、またアメリカへ輸出もされていました。一般には「さくらビスク」や、「ママー人形」(寝かせたときに鳴る音が「ママー」と聞こえるため)の名称で親しまれていました。
 胴体部分には金属製の鳴子や木製のふいご式の鳴子が入っているものが多く、この仕掛けによって横に寝かせると音が鳴ります。また1920年代(大正末期)になると、西洋の赤ん坊人形を真似て、寝かせると目をつぶるものが作られました。
 大きなつばの帽子を被り、サテンや縮緬の洋装、そして特徴的な真っ白な肌にほお紅をさした和製ビスクには、当時の少女が人形へ抱いた可愛らしさへの憧れや、西洋文化への憧れが込められているようです。
 現在1号館で開催中の春の企画展「なつかしの人形 ~昭和時代の人形遊び~」にて展示中です。

 
 2017年3月 

犬筥(いぬばこ)(平成初期)

 

 犬の形に作った張り子細工の筥(=箱)で、雌雄一対がセットとなっています。犬張り子、お伽犬(おとぎいぬ)とも言われ、これは古くから子どもの健やかな成長を願うお守りでした。
 犬は多産かつ産が軽いことから室町時代には上流階級の間でこの犬筥を産室へ飾る風習があり、子どもが無事に生まれると、今度はそれを子どもの枕元に置きました。筥の中には守り札や白粉(おしろい)、畳紙(たとうがみ)、眉掃きなどを納めます。
 江戸時代に入ると、宮参りや嫁入り道具の一つとしても持参され、やがて雛段にも飾られるようになります。
 この箱型の犬筥は京都で生まれたもので、一般的に犬張り子と聞いてよくイメージする「でんでん太鼓」を背負った四つ足で立つ犬の江戸張り子は、江戸時代中期に犬筥から転化して生まれたと言われています。
 写真の犬筥は、江戸時代の犬筥に基づいて復元されたもので、平成初期に工芸作家の藤井郁江氏によって製作されました。現在6号館の春の特別展「雛まつり~雛と雛道具~」にて展示中です。
 
2017年2月 
 
金助まり(鹿児島県/1990年代)



 直径30㎝にもなるこの大きなまりは、鹿児島地方で幕末に桃の節句を祝う飾りとして、雛人形の段飾りの隣に天井から吊り下げて飾られていました。遊ぶためのものではなく飾り用で、この地方独特の薩摩雛、押し絵とともに雛祭りの飾りとして欠かせないものであったようです。大きいもので60~70㎝にもなり、全国郷土玩具の糸布鞠の中で最も大きいサイズです。
 山吹の芯や鉋屑を丸めた上に糸を巻いて下地を作り、ちりめんなどの布を巻いて、その上に色とりどりの糸で刺繍が施されます。刺繍のモチーフには宝船、唐獅子と牡丹、松竹梅、鳳凰など、縁起のいい豪華な意匠が用いられます。当時は鹿児島城下の下級武士階級の女性の手内職として作られ、売り歩かれました。
 赤いちりめんの上に鳳凰や宝船、桜の花の刺繍が美しいこちらの金助まりは、当館3号館の常設コーナーでご覧いただけます。
 
2017年1月

琉球張子・鶏(沖縄/左:1930年代・右:昭和後期)
 

2017年度の干支の動物(=鶏)の玩具の中から、沖縄の琉球張子をご紹介します。
沖縄では昭和初期頃まで、旧暦5月4日から5日間「ユッカヌヒー」という玩具市が年に一度開催されていました。当時沖縄に玩具店等は存在せず、子供たちが遊ぶ玩具は身近な素材を使って作られたものでしたが、この時だけは別でした。子供たちは年に一度の賑やかな玩具市に胸を躍らせ、またその親も我が子の健やかな成長を祈って玩具を買い与えました。
玩具市で売られていた玩具は今では姿を消したものも少なくありませんが、琉球張子も戦争によって廃絶。戦後に故・古倉保文氏の手によって復活を果たしました。古倉氏の没後、数名の作者に引き継がれました。
写真左の張子は戦前のもので、大正末期の玩具収集家、尾崎清次氏から寄贈を受けました。現存している戦前の琉球張子はほとんど残っておらず、今では貴重なものとなっています。全体的に落ち着いた印象を持ちつつも、細部の彩色には黄や紫、紅色などの琉球らしい色使いが目立ちます。
写真右の張子は古倉保文氏が手掛けた、昭和後期のものです。この独特な形は伝統的なもので、首部分がゆらゆらと揺れ動く仕掛けになっています。
こちらの張子は、現在開催中の冬の企画展「鶏のおもちゃ」で展示中です。

新着情報に戻る

2014年度  2015年度  2016年度

2004年度  2005年度  2006年度  2007年度  2008年度  2009年度  2010年度  2011年度  2012年度  2013年度









Mail:info@japan-toy-museum.org


〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671-3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174