日本玩具博物館・秋の企画展

ミニチュアおもちゃの世界

●会期 2006年9月9日(土)→11月21日(火)
●会場 日本玩具博物館1号館         

 掌がベッドになるほどの小さな人形、その人形の手に合わせて作ったカップやスプーン。マッチ箱ほどの立方体には小さな桝目が描かれ、その上には息をとめて遊ばなければ飛ばされてしまいそうな白と黒の碁石。大きな虫眼鏡で覗きこんでやっと蟻の頭ほどの独楽…。「なにもなにもちひさきものはみなうつくし」と語る『枕草子』を思い出すまでもなく、小さなものへの愛しみは、誰もがもっている感情のようです。日本玩具博物館には、子どもの心をとらえる玩具とともに、世界の国々から小さな小さな玩具のいろいろが少しずつ集まっています。生活の道具としての実用性はもちろん、手にもって遊ばれるサイズをはるかに下回るそれらの小さな造形を、私たちは「ミニチュア玩具」と呼んで、テーマごとに展示し、その魅力を探ってみたいと考えました。

                                        *

 ミニチュアは、古代中国や縄文時代の墳墓から副葬品として出土する小さな土器に、その起源を求める説があります。祭具か、玩具か…その用途は不明ですが、現実世界を封じ込めた小さな造形に強い霊力が宿るという信仰は、世界各国に残る伝説などから伺い知ることができ、副葬品のミニチュアはそうした信仰とも関係がありそうです。
 ミニチュア造形が発達するのは、あるいは携帯する必要性、あるいは輸出時の商品体積を少なくするためなどという実用的な目的をもつ場合も考えられますが、多くの場合、実利を越えて、小さく作ることへのこだわりや、縮小されたもののもつ美しさや愛らしさへの憧憬と結びついているように思われます。

                                        *

 本展は、日本のミニチュア玩具を中心に、世界各国から約1000点の資料を集めて「暮らしのミニチュア」「小さな玩具たち」「小さな町づくり」の三つのテーマで展観するものです。生活のレプリカとして、文化の縮図として、美意識の結晶として、さらに人間の手業の展覧として、ミニチュア玩具の数々を楽しんでみたいと思います。

■展示総数   約1000点


江戸小物細工

  
    草履屋と陶器店(高さ8p)                      江戸の飴売り(高さ13p)と玩具売り
     
    
   店屋の風景 ※下段右端の凧屋(高さ9p)                     玩具を入れる籠(高さ2p)

   
        小さな達磨と玩具                         結髪道具・箱の寸法(6p×9p)

     
露店(ボリビア・コロンビア)とビン細工(マダガスカル)