1号館・夏の企画展

おもちゃで綴る昭和

会期  2006年7月1日(土)→9月5日(火)
 

 1926年、自由主義的な雰囲気をもって始まった昭和時代は、大きな戦争を経て焼け跡から復興し、高度経済成長をとげた激動の64年間でした。
 いつも子どもたちの傍らにある玩具は、小さなものでありながら、色や形、あるいは材料やテーマにも時代の精神がふんだんに表現されているため、私たちは、これらを通して生活史をふりかえることができます。
 おもちゃの昭和時代は、家内工業的に手作りされる玩具が表舞台から退き、工場で大量生産される近代玩具が日本中に流通して、地方色が失われていった時代です。昭和20年代後半に登場したプラスチックは、やがてブリキやセルロイドをしのいで玩具の主流素材となり、昭和30年代にはテレビの影響でマスコミ玩具が登場して今日への流れをつくりました。さらに、高度経済成長を成し遂げた昭和40年代に入ると、国内での購買力が高まり、それまでは輸出向け生産に主力を置いていた玩具産業も、国内向け生産へと転換を図ります。
 本展では、昭和時代を彩った玩具500点を年代ごとに展示し、時代の移り変わりと子どもにとっての玩具の役割を探ります。また、メンコやコマ、おまけなど、時をこえて愛される玩具についても紹介します。ハイテク時代と言われる今日、次代に伝えたい玩具の姿を考える機会となれば幸いです。


  
1号館展示会場風景

   
戦時中の玩具                                昭和20年代の玩具

   
 昭和30〜40年代の玩具

  
女の子の玩具(昭和20年代)                   紙めんこ(昭和20〜30年代)

 


 



Mail:info@japan-toy-museum.org


〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671−3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174