2号館・夏のテーマ展

七夕人形紙衣

会期  2006年6月10日(土)→8月27日(日)
 七夕の習俗は中国から伝来し、万葉の昔から日本人に知られていましたが、七夕が庶民のものになっていく千年の歴史の中で、祖霊祭としての「盆行事」や、実りの秋を前にした「豊作祈願」などとも結びついたと考えられています。
 七夕は、奈良・平安時代の頃には、大陸から渡来した高級織物の織機や織り手を祭る宮中行事でした。私たちが今日、知るところの笹竹の飾りが盛んに行われるようになるのは、江戸時代後期、七夕行事の担い手が寺子屋の子ども達の手に移ってからのことだといいます。
 高度経済成長期を境に一気に廃れ、家庭における七夕行事は今ではめずらしくなりましたが、この小テーマ展では、各地に伝承されたユニークな七夕の飾り物を集めてご紹介し、日本の七夕の豊かな世界を垣間見ていきます。
 七夕に紙衣を飾る民間の風習は、江戸時代前期から行われていた七夕様に「着物をお貸しする習俗」に起源があるようです。これは、天の二星(特に織姫)のために、袖を通していない着物を飾り、将来にわたって衣装に恵まれることを願うものです。
布製の着物は、やがて紙製の着物に代替されるようになり、七夕紙衣は、大都市部から地方へと広まっていったようです。実際に、松本をはじめ、姫路、仙台や山梨、鹿児島などにも紙衣や着物を着せた人形が伝わっています。今回は、七夕に登場する各地の着物に見たてた紙衣や人形をご紹介します。


松本市の七夕人形いろいろ


朝来市生野町の「七夕さん」(明治時代)
              
姫路市播磨灘沿岸地域の「七夕さんの着物」(昭和30〜40年代)






Mail:info@japan-toy-museum.org


〒679-2143
兵庫県姫路市香寺町中仁野671−3

TEL: 079-232-4388
FAX: 079-232-7174