ワークショップ・その1「“クルミの中の幼子”のオーナメント」の2回目


12月19日(土)13:30〜、第2回目のクリスマスを飾るワークショップ「クルミの中の幼子」を開きました。
今日は、小学1年生の女の子から米寿を迎えるご婦人まで、ちくちくと針を動かして小さなクルミのベットをつくったり、おくるみの赤ちゃんに魔除けのりぼんをきゅっと結んだりして、和気あいあい、思い思いに小さな幼子を作りました。
それぞれの幼子の表情は愛らしく、飼葉桶のイエスさながら、愛らしくやさしいオーナメントの数々が誕生しました。
ハンガリーの家庭に伝わるクルミ型の焼き菓子をプレゼントに用意していたのですが、ご参加者から手作りのクリスマスツリー型パイ(フランス風)やアイシング・ビスケット(オランダ製)を頂戴したりしたので、誕生したたくさんの幼子を囲んで、お茶会になりました。
ワークショップ風景を少し画像でご紹介いたします。ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

ワークショップ風景 皆さんが作られた幼子
ワークショップ風景
ハンガリーのクルミ型のクリスマス菓子 ご参加者からの手作りパイの差し入れ
可愛らしい寝顔です…。
ご参加者と記念撮影