■日本玩具博物館・2016年度
夏休みおもちゃ作り教室のご案内
今年の夏休みは6号館の特別展「神戸人形と世界のからくり玩具」にちなんで、動かして楽しい玩具の数々を作ります。対象は小学生です(低学年は父兄同伴ください)。一般の方も参加できます。
●申し込みは=電話かFAXで日本玩具博物館へお申し込みください。→ 好評裡に終了しました。
 1体操人形、2追いかけ人形、4羽根を広げる孔雀は予約が必要ですが、他の教室は当日参加できます。
1.体操人形  *要予約  
 世界中で子どもたちに遊ばれてきた玩具。H型の棒の先に人形が吊り下がり、棒を握ると人形が上がったり下がったり、自由自在に楽しく動きます。会費=500円(材料費含む)
期日=7月30日(土)午前10時〜正午。 講師=井上重義(当館館長)








会場風景 先生のインターンシップの受入をし、教室補助をされました。 完成した作品をもって、記念撮影!
2.追いかけ人形 *要予約
2本の棒を左右に動かすと人形が追い駆けっこをする楽しい人形です。 
期日=8月11日(祝)午前10時〜正午。会費=400円(材料費含む)
講師=井上重義(当館館長)


会場風景 完成した作品をもって、記念撮影!
   
完成したよ!!

3.ひらひら舞う蝶
ストローと厚紙を利用して、羽をひらひら上下させて飛ぶ仕草をする楽しい蝶の玩具を作ります。会費=300円(材料費含む)
期日=8月14日(日)午前11時〜正午。 講師=尾崎織女(当館学芸員)


会場風景 カラフルなシールを蝶の羽に貼付ています。 完成した作品をもって、記念撮影!


4.羽を広げる孔雀さん *要予約
棒を押し上げると、筒の中から美しい羽を持つ孔雀が出てくる玩具を作ります。江戸時代に流行った楽しい玩具です。 会費=400円(材料費含む)
期日=8月26日(金)午前10時〜正午。 講師=尾崎織女(当館学芸員)




会場風景 完成品のいろいろ
「かえるだよ!」 完成した作品をもって、記念撮影!学芸員実習生も一緒に作りました! 「くじゃくのジョージ」



5、江戸の玩具隠れ屏風
5枚の厚紙をつなぎ合わせ、開けると絵が出てきたり、消えてなくなる不思議な玩具です。江戸時代に流行しましたです。 会費=300円(材料費含む)
期日=7月31日(日)・8月13日(土) 午前11時〜正午。 講師=井上伊都子・清瀬梨香(当館学芸員)